10/31 容疑者Xの献身

原作を読んでから挑んだので、流れはわかっていたものの、
それでも良い映画でした。

何より、堤真一の演技力に脱帽です。
原作を読んだときのイメージと全然違う配役だったにも関わらず

エンディング前に、完全に虜になってしまいました。
天才的な論理で愛する人を守ろうとするも、

最後の最後には、予測できない人間の感情で計画は台無し。
あれは、ハッピーエンドだったのかなぁ。

それとも、「誰も幸せにならない」結末とたらえるべきか。
4色問題がわざわざキーになっている所に今更気付きました。

「隣り合う二つの平面を、同じ色に塗らない」
石神と靖子は隣人だもんなぁ~

あー、悲しい。
やっぱり報われたいと思ってしまうのが人間だろうけど、

ここまで自分の愛する人のために「献身」できたら凄いよなぁ。
俺にはできないなw

既に、どうにかして報われたいと思っている自分がいる・・・。
ダメだな・・・思う人が最も幸せになれる方法を模索して

そのために自分の全てを用いて尽力するのが、本物の愛だろうか。
あー、でも一緒に幸せになれるのが一番いいわ・・・
[PR]

by otokogi-dialy | 2008-10-31 23:55 | Movie