カテゴリ:Books( 49 )

3/6 7冊目に恋愛小説

a0012000_13553943.jpg
号泣する準備はできていた
江國香織
新潮社
ISBN : 978-4-10-133922-1
第130回 直木三十五賞


短編の恋愛小説を読んでみた。
春だからねw

失恋した女性が立ち直る的な話が多いかな?
個人的にはしっくりこない所も多く、

途中で飽きちゃって、読み終わるまでに時間を要しました。
文章だけではなく、その行間から色んなものを

感じ取るのが難しいですね。
多分、人生経験が足らないのね~

若しくは、女性が読むともの凄く共感できるのかも?
[PR]

by otokogi-dialy | 2009-03-07 14:00 | Books

2/22 6冊目は、仏像のひみつ

a0012000_21313311.jpg仏像のひみつ
山本勉 著
川口澄子 イラスト
朝日出版社
定価 : 1,470円(本体1,400円+税)
ISBN : 9784255003634


仏像のひみつです。
東京国立博物館の人がわかりやすく解説してくれています。

高校生くらいが読んでもおもしろいと思うなぁ。
構成もすんなりしてるし。

イラスト多くて、すごくわかりやすいし。
あと、写真もいっぱいあって、凄く例示が良いです。

4部構成で、
・仏像の組織
・やわらかいのとかたいの。
・やせたり太ったり
・仏像の中にあるもの。

という感じで、やわらかいのとかたいのは、
乾漆像とか、寄せ木造りとか、

仏像の作り方の違いがよくわかります。
やせたり太ったりするのは、時代の変遷。

仏像の中にあるものでは、運慶作といわれている
大日如来坐像のエックス線写真が見られました。

やっぱり一番おもしろかったのは、
仏像の組織について。

如来→菩薩→明王→天の順にえらいとか、
それぞれの仏像の特徴とか、

詳しく説明してあって、非常にわかりやすいです。
これ読んでから博物館に行くと、

「これは、薬師如来か?」なんて推測できそうです。
プレート見て、ビンゴだった日には、感激ですなぁ~

いやぁ、この本オススメです。
世間的にも好評らしく、「続 仏像のひみつ」が出ているらしいので、

近いうちに読んでみたいと思います。
[PR]

by otokogi-dialy | 2009-02-22 21:40 | Books

2/15 5冊目も東野

またしても東野作品です。
一番手に取りやすいんだよなぁ~面白いから読むスピードも速いです。

a0012000_194518.gif名探偵の掟
著者: 東野圭吾
ISBN:978-4-06-207400-1


世に数多く広まっている「ミステリ小説」の類をとことん皮肉った作品。

天下一という名探偵を主人公にした短編。
へっぽこ役の大河原警部との掛け合いが面白い。

毎回、冷静に我に返って小説世界のご都合主義や
ワンパターンなところを突っ込む二人がシュールです。

構成は、以下の通り。

プロローグ
第一章 密室宣言-トリックの王様
第二章 意外な犯人-フーダニット
第三章 屋敷を孤立させる理由-閉ざされた空間 
第四章 最後の一言-ダイイングメッセージ
第五章 アリバイ宣言-時刻表トリック
第六章 『花のOL湯けむり温泉殺人事件』論-二時間ドラマ
第七章 切断の理由-バラバラ死体
第八章 トリックの正体-???
第九章 殺すなら今-童謡殺人
第十章 アンフェアの見本-ミステリのルール
第十一章 禁句-首なし死体
第十二章 凶器の話-殺人手段
エピローグ
最後の選択--名探偵のその後

個人的には、第五章のアリバイ宣言が一番好きです。
腹抱えて笑いましたw
[PR]

by otokogi-dialy | 2009-02-15 19:43 | Books

2/6 ダンドリの達人

今年、4冊目。
a0012000_17223565.jpg頭のいい人のあたりまえ 図解 ダンドリの達人

著者:ライフサポート・ネットワーク
定価:1,050円
ISBN:4-344-00470-1 C0030


行く1月
逃げる2月
去る3月

ってことで、ダンドリよく仕事をしようと思い、図書館で借りてきました。
この手の本って、買ってしまうと部屋の中の物がまた増えて、

煩雑になっちゃって、片付けられないという、負のスパイラルに陥るため
買わずにガマンw

内容としては、仕事や時間管理のダンドリだけでなく、
人付き合いや健康、日常生活に至るダンドリまで紹介されていて

なかなか面白かったです。
読書という部類に入れて良いのか考え物ですが、参考にはなりました。

とりあえず「休日を有意義に過ごすダンドリ」を今年は実践してみようと思います。
去年以上に益々忙しくなるんだろうけど、

オンとオフを切り替えて、どちらも充実させたいです。
とりあえず、英会話またやってみようか・・・楽団に入ろうか・・・
[PR]

by otokogi-dialy | 2009-02-06 22:20 | Books

1/30 3冊目「面白いほどよくわかる日本の城」

a0012000_9513575.jpg学校で教えない教科書

面白いほどよくわかる日本の城
歴史とエピソードで読む全国250城!

三浦 正幸 監修
ISBN978-4-537-25494-5 C0021
1470円(税込)


東野圭吾と城関係の本ばかりでは、全く自分を広げる糧にはなっていないような
気もしますけれど・・・今年3冊目です。

有名な城は、それぞれ見開き1ページを使って紹介され、
縄張り図もあるので、わかりやすいです。

さらに第2章では、「合戦で読み解く城郭の変遷」と題して
城柵から五稜郭までの城郭の歴史がよくわかります。

また、欄外には「城の雑学」コーナーが設けてあり、
犬走りとか、破風など城用語が解説されています。

で、この本の一番のポイントは、監修した人。
三浦正幸。

この名前にピーンときたアナタは買いましょう。
同じく三浦正幸監修の、「週刊 安土城をつくる」を!!!

定期購読をするだけで、16万もかかり、
さらにボンドやらヤスリやら色々な工具を用意しなければなりません。

それでも、この1/90スケールの壮大な再建計画に
手を出したくて仕方ありませんw

こんなもんを買おうかどうか、リアルに悩んでいる時点で
彼女なんて出来ないんだろうな~なんて思う、悲しい週末です。
[PR]

by otokogi-dialy | 2009-01-30 19:50 | Books

1/24 ダイイング・アイ

a0012000_2025570.jpg
ダイイング・アイ
東野圭吾/著
光文社
2007年11月19日発売
定価:1,680円(税込み)


病み上がり、一気に読了した作品。
また東野圭吾か?って感じですが、

一気に読めるし、面白いんだよなぁ。
しかし、これはちょっと・・・

個人的にはイマイチかもしれません。
まぁ、アラスジはおいといて

東野さんらしい科学的な感じがないんですよね。
まさかの「催眠術」「呪い」ですw

ガリレオ先生だったら、この事件を
どう解決してくれたのでしょうw

その手の推理小説ではないタイプの人間ドラマとしても
交通事故の記憶だけ都合良く消えてしまったり

妖艶な女性が出てくるものの
「幻夜」ほど、堕ちていかないしw

それでも、このボリュームを二日で読み切ってしまったのだから
やっぱり面白かったのかなぁ?

確かに、批判しているくせに
全く手は止まりませんでしたのよ。

とりあえず、今年2冊です!!!
ダイイング・アイ | 商品情報(書籍)
[PR]

by otokogi-dialy | 2009-01-24 20:30 | Books

1/17 パラレルワールド・ラブストーリー

高校の部活の同窓会があったので、
行き帰りの電車で読もうと思い購入。

「恋愛か、友情か」っていうオビに惹かれましたw
a0012000_11243192.gif「パラレルワールド・ラブストーリー」
東野圭吾
講談社文庫
発行年月日:1998/03/15
ISBN:978-4-06-263725-1
定価(税込):780円


推理小説という感じではなく、東野作品らしい「自分とは何か」みたいな
物語です。以前読んだもので言うと、「分身」に近いのかな?

そして、東野さんらしく科学的な要素盛りだくさん。
脳科学ですかね、記憶とか仮想現実とか、ちょっと難しかったですw

親友の彼女を好きになるというのは、ツライですなぁ~
ワタシには経験がありませんけど。

結局この物語の主人公崇史は、どちらも失ってしまいましたが。
武者小路の「友情」は好きになったら親友に取られちゃったパターンですが

なんとなく、それを思い出しました。
相変わらず東野作品はおもしろ過ぎて、行き帰りの電車だけで読み終えてしまいました。

逆にどんだけ遠いんだオレん家って感じですw
なんだかんだで、今年1冊目の読書。

今年はたくさん本を読みます。映画も見ます。観劇も。
ちょっと、自分の文化レベルを上げてみたいです。

アウトドアなキャラではないので、それはそれで、
インドアな世界を貫く1年にしてみようかとw

東野作品以外も読まないとなぁ~
[PR]

by otokogi-dialy | 2009-01-17 23:52 | Books

9/15 容疑者Xの献身

a0012000_17335664.jpg


短編で読みやすかった、探偵ガリレオシリーズ。
勿論、ガリレオも予知夢も読んで、ドラマも見ましたよ。

そして、満を持して映画化を前にXに挑んでみました。
結構なボリュームだったのですが、なんとまぁ一日で読破。

いやぁ~、おもしろかった。
そして、何より泣けました。

人間、人を愛するとここまで尽くせるんだなぁと。
まさに献身。

叶わぬ愛はツライですねぇ。
個人的に石神はドランクドラゴンの塚地みたいなイメージだったんですけど、

映画だと誰がやるんだっけ?
なんか二枚目がやるんだよね。

まぁいいや。
流星の絆も映画が始まる前に読まなくちゃ!

せっかく、鳥獣戯画の素敵なブックカバーをもらったので、
それに包んで文庫を読みたいところなんですが、

流星の絆はまだデッカイままだっけ・・・。
[PR]

by otokogi-dialy | 2008-09-15 17:39 | Books

8/31 「おれは非常勤」

ダラダラとした、何の予定もない休日。
夏休み最後の日。あー、毎日こんなだったらどれほど幸せでしょう?

明日から現実に引き戻され、否応なしに攻めてくる行事の嵐。
だからせめて今日だけは、腐らせてください。(いつも腐ってますけどねw)

さて、夏休み最後の読書は、またしても東野圭吾。
おれは非常勤」が話のネタになるかしら~




主人公は小学校の非常勤講師をしている男性。名前はわかりません。
短編が6つあって、それぞれ非常勤として勤める学校で事件が起こる。

もちろん、全部殺人事件なわけじゃなく、小学校っぽいなーっていうのもあり、
なかなか「わかるわかる」って部分と「いやいや、それはない」って部分と

まぁ色々ですね。
主人公の「教師」というものを「仕事」としてドライに割り切る姿勢が

個人的には非常に好きですw
そのくせ、子どもに対してちょいちょい言う教訓じみた台詞は

人間味があって、男気あるものになってますなぁ~。
5年の学習と6年の学習に掲載されてたというのもまたツボ。

それと、小学校の名前にちょっとした遊び心を入れちゃうあたりもツボ。
すらすら~と読めちゃうので、オススメです。
[PR]

by otokogi-dialy | 2008-08-31 16:46 | Books

8/25 女は怖い・・・

読書感想文。
なんかわからんけど、画像を載せられなくなった・・・

要領はまだまだあるしなぁ。
だいたい、JPEGで載せてるのに、

「JPEGまたはgifファイルでやってくれ」的な
エラーメッセージがやたらと腹立つ。

まぁいいや。
とりあえず読みました。

東野圭吾の「放課後」です。
これで、乱歩賞をもらったそうで、デビュー作というのかしら?

タイトル通り学園もので、主人公は学校の先生。
女子校を舞台に殺人事件が起きるわけですが、

なかなか個性的な生徒や先生が色々登場してきて
面白かったです。

最後は凄かった・・・
一件落着的な終わりかと思って安心してたらやられました。

ちゃんと伏線あるんだから考えながら読まなきゃダメよねぇw
とりあえず、女性は怖いです。

結婚したら、奥さんを大事にしたいですw
ほっておくと、大変なことに・・・



やっぱり、東野圭吾はおもしろいですなぁ~
ただの推理小説じゃないところがたまらん。

今日一日で読み終えてしまった自分に驚きです。
また東野圭吾を読みあさりたくなるような出来事があったもんでね。

[PR]

by otokogi-dialy | 2008-08-25 21:47 | Books