10/25 22冊目

読書がイマイチ進んでいないのは、忙しいからではなく、
ポケモンに夢中だからです・・・

やっと22冊に到達。自分で記録を残してみると
「年間100冊」とか読んでいる人って、やっぱり凄いなぁ~と思います。

自動車通勤は、読書ができないのが、痛いですね。
ま、電車通勤にしたところで、絶対寝るんだけど、ワタシ・・・

ということで、ガッツリと読書に挑む根性がなく、短編にしました。
a0012000_183121.jpg
書名:終末のフール
著者:伊坂 幸太郎  
ISBNコード: 978-4-08-746443-6
出版社:集英社


ヒルズタウン仙台という、団地(?)を舞台に、
あと3年で小惑星が地球に衝突し、世界が滅ぶというお話。

全てのタイトルが必ず「○ール」で終わっていたり、
主人公が別の作品の中で登場人物の一人としてさりげなく現れたり。

遊び心満載の伏線が面白いです。
個人的には、優柔不断なダンナが妻のため、これから生まれてくる家族のために

一大決心をする話が一番好きです。
その他にも、あと少しで世界が終わるという中、明るく生きる登場人物たちに癒されます。

かなりのオススメです。
[PR]

by otokogi-dialy | 2009-10-25 17:56 | Books