20冊目

a0012000_2035278.jpg書名:一億円もらったら
著者:赤川次郎
出版社:新潮社
ISBN:978-4-10-132734-1


新潮文庫の100冊からのチョイス。
赤川次郎に手を出したことがなかったのも手伝って、夏に読みました。

なんだかんだで、感想が随分遅くなってしまいましたが、
かなり面白かったので、書かないわけには行きません。

莫大な財産を持てあましている大富豪とその秘書が、
赤の他人に一億円を渡して、その相手がどんな風に使うかを

見て楽しむという不思議な物語。
短編5編ですから、全部で5億円・・・リッチなり。

「お金で買えないものがある」なんてきれい事が巷には溢れていますが、
実際、1億円を手にしたら人間がどんな風に様変わりするのかという

リアルがあります。
愛だって、権力だって、買えるんだもの。

1.一億円もらったら
2.故郷は遠くにありて
3.一、二の三、そして死
4.仰げば尊し
5.ミスター・真知子の奮闘

の5編からなりますが、個人的には
故郷は遠くにありてと、ミスター・真知子の奮闘が好きです。

清々しいので。
続編で「不幸買います」というのも出ているので、次はそれを読んでみたいと思います。
[PR]

by otokogi-dialy | 2009-09-21 21:22 | Books