7/19 今年の14冊目

映画がイマイチ進みません・・・
この夏の映画は見たいと思うものがないですね。

子どもとの話題づくりの為にポケモンとかは見る気がしないし。
ジブリは個人的も見たいし、共通の話題にもなるから見ましたが。

家にたまっているDVDもなんか見ないしなぁ~。
トランスポーター3が唯一興味あるので、とりあえず1と2は見ようかな。

そんなわけで、専ら読書が多いです。
とはいえ、やっと14冊目なのですが。

a0012000_0372587.jpg「新 浦和REDSの真実 2009 何故 無冠に終わったのか」

著者:大野勢太郎
出版社:スポ-ツチャンネル
ISBN: 9784903333069



毎年恒例のシリーズ。
大野さんは、毎朝ラジオやっているので、よく聞いています。

その中でレッズについてリスナーのメールを紹介したり、大野さんが
自身の意見を述べるコーナーもありますが。

なーんか、薄かったw
物理的な本の厚さもだけど、内容も。

ゲルトと中村強化本部長を擁護する意味がわからないし。
永井の反乱については、ちょっと違うんじゃないの?って感じも。

なんか、ネットで色々な人が交わす意見と大して変わらないレベルでした。
取材できるという立場の人がまとめた内容とは思えず・・・

それでも全部読んでしまいましたけどね、サポの端くれとしてw
まぁ、昨シーズンの反省を、今季折り返した今頃読んでる私は偉そうなこと言えませんが。

ナビスコはいい感じに進み、昨日の大分戦では、やっぱりというかレッズらしいというか
「連敗ストッパー」っぷりを発揮・・・

今週末はきっちり勝って欲しいです。
ダヴィがせっかくいなくなったのに、オーストラリアから大型FWがきたよね。

闘莉王が怪我で出られなかったら誰が止めるんだ?
とりあえず、フィンケさんは、暢久をCBで使うのそろそろ止めて欲しい・・・

ツボとコンビなら機能するけど、闘莉王や阿部ちゃんと組んでも上手くいかなかったでしょうに。
堀之内大先生を使っていただきたい!!!
[PR]

by otokogi-dialy | 2009-07-19 00:31 | Books