4/10 久しぶりに新書

久しぶりの読書で、今年8冊目。

「図説 地図とあらすじでわかる!
古事記と日本書紀」
監修:坂本勝
出版:青春出版(新書)

古代の神々から、古代史の様々な事件まで
結構わかりやすくまとまっていて、読みやすかったです。

古事記の解説では、伝承重視ってことで人名などをカタカナで表記。
日本書紀では、海外向けの文章だったこともあり、漢字表記。

という、親切な書かれ方でよかったなぁ~
とりあえず、感想としては、昔の神(天皇)は不思議なことをしているということw

それと、やはり日本の神話であっても
やはり何の縁もない話というのは少なく、

古代中国はもちろん、西洋の神話とも
どこかしら似ているとか、関係性が見られるとか・・・。

そんなつながりもよくわかりました。
また、「図説」と言っているだけのことはあって、絵とか地図とか多くて

そこも、わかりやすさのポイントだったのかなと思いました。
久しぶりに、まじめな堅いジャンルで楽しかったw
[PR]

by otokogi-dialy | 2009-04-10 00:29 | Books