2/22 6冊目は、仏像のひみつ

a0012000_21313311.jpg仏像のひみつ
山本勉 著
川口澄子 イラスト
朝日出版社
定価 : 1,470円(本体1,400円+税)
ISBN : 9784255003634


仏像のひみつです。
東京国立博物館の人がわかりやすく解説してくれています。

高校生くらいが読んでもおもしろいと思うなぁ。
構成もすんなりしてるし。

イラスト多くて、すごくわかりやすいし。
あと、写真もいっぱいあって、凄く例示が良いです。

4部構成で、
・仏像の組織
・やわらかいのとかたいの。
・やせたり太ったり
・仏像の中にあるもの。

という感じで、やわらかいのとかたいのは、
乾漆像とか、寄せ木造りとか、

仏像の作り方の違いがよくわかります。
やせたり太ったりするのは、時代の変遷。

仏像の中にあるものでは、運慶作といわれている
大日如来坐像のエックス線写真が見られました。

やっぱり一番おもしろかったのは、
仏像の組織について。

如来→菩薩→明王→天の順にえらいとか、
それぞれの仏像の特徴とか、

詳しく説明してあって、非常にわかりやすいです。
これ読んでから博物館に行くと、

「これは、薬師如来か?」なんて推測できそうです。
プレート見て、ビンゴだった日には、感激ですなぁ~

いやぁ、この本オススメです。
世間的にも好評らしく、「続 仏像のひみつ」が出ているらしいので、

近いうちに読んでみたいと思います。
[PR]

by otokogi-dialy | 2009-02-22 21:40 | Books