1/30 3冊目「面白いほどよくわかる日本の城」

a0012000_9513575.jpg学校で教えない教科書

面白いほどよくわかる日本の城
歴史とエピソードで読む全国250城!

三浦 正幸 監修
ISBN978-4-537-25494-5 C0021
1470円(税込)


東野圭吾と城関係の本ばかりでは、全く自分を広げる糧にはなっていないような
気もしますけれど・・・今年3冊目です。

有名な城は、それぞれ見開き1ページを使って紹介され、
縄張り図もあるので、わかりやすいです。

さらに第2章では、「合戦で読み解く城郭の変遷」と題して
城柵から五稜郭までの城郭の歴史がよくわかります。

また、欄外には「城の雑学」コーナーが設けてあり、
犬走りとか、破風など城用語が解説されています。

で、この本の一番のポイントは、監修した人。
三浦正幸。

この名前にピーンときたアナタは買いましょう。
同じく三浦正幸監修の、「週刊 安土城をつくる」を!!!

定期購読をするだけで、16万もかかり、
さらにボンドやらヤスリやら色々な工具を用意しなければなりません。

それでも、この1/90スケールの壮大な再建計画に
手を出したくて仕方ありませんw

こんなもんを買おうかどうか、リアルに悩んでいる時点で
彼女なんて出来ないんだろうな~なんて思う、悲しい週末です。
[PR]

by otokogi-dialy | 2009-01-30 19:50 | Books