1/24 ダイイング・アイ

a0012000_2025570.jpg
ダイイング・アイ
東野圭吾/著
光文社
2007年11月19日発売
定価:1,680円(税込み)


病み上がり、一気に読了した作品。
また東野圭吾か?って感じですが、

一気に読めるし、面白いんだよなぁ。
しかし、これはちょっと・・・

個人的にはイマイチかもしれません。
まぁ、アラスジはおいといて

東野さんらしい科学的な感じがないんですよね。
まさかの「催眠術」「呪い」ですw

ガリレオ先生だったら、この事件を
どう解決してくれたのでしょうw

その手の推理小説ではないタイプの人間ドラマとしても
交通事故の記憶だけ都合良く消えてしまったり

妖艶な女性が出てくるものの
「幻夜」ほど、堕ちていかないしw

それでも、このボリュームを二日で読み切ってしまったのだから
やっぱり面白かったのかなぁ?

確かに、批判しているくせに
全く手は止まりませんでしたのよ。

とりあえず、今年2冊です!!!
ダイイング・アイ | 商品情報(書籍)
[PR]

by otokogi-dialy | 2009-01-24 20:30 | Books