1/1 あけましておめでとうございます

紅白とプライド、K-1をチャカチャカ回しながら見て、「あ~白が勝って曙は負けたんだー」とまったり。その後はテレ東の第九カウントダウンを聞き入って・・・

年が明けた途端、炬燵を囲んで「明けましておめでとう」なんて家族同士言うこともないまま、毎年恒例親父のありがた~い、くそくらえな説教タイムに突入(笑)。
今年は、一時間に渡る説法でした(笑)。で、いつものように、右から左へ~聞き流し。

「世の中、結果が全て」が家訓の我が家において、昨年小学校の教員免許を取り損なった自分は「お話にならない存在」なわけで、それはそれはボロクソ言われました。
認定の不合格通知が来たときも、「生きてる価値がない」くらいの事言われましたが、さすがに新年。「今年、結果を出すために、どういうプロセスをこなすつもりなのか」を聞かれました。
そしていつものように、親父の言うことは正論だし、抵抗すると説教が長くなって睡眠時間が減っていくので、「ハイハイ」と聞き流す。

そんなこんなで新年早々、気分は最悪で、疲れました(笑)。


「人間、生まれながらにして皆平等」とよく言いますが、それはあくまでも法の下の話。
子どもは産まれてくるとき、親を選べません。不平等ですね~w

今年は、必ず免許を取得し、採用試験にも受かって、俺のような可哀相な(笑)子どもの努力を認めてあげられる教員になろう!と改めて誓った元旦であります。


塾じゃ、生徒に「結果が全てだ」って脅してるんだけどね(笑)。
[PR]

by otokogi-dialy | 2006-01-01 01:27 | Diary