11/11 東武鉄道

運転室に息子入れクビ…「厳しい」と抗議430件

 東武鉄道の30歳代の運転士が、長男(3)を約4分間、運転室に入れて乗務したとして、同社が懲戒解雇を決めたことに対し、同社には10日夕までに、「処分が厳しすぎる」などと抗議する電子メールや電話が計約430件相次いだ。

 同社は「重大な規則違反で解雇の方針は変えない」としている。

 東武鉄道によると、同日、この問題が報じられてから電子メール約240件、電話約190件が寄せられ、大半は「けじめが必要なのはわかるが解雇は厳しすぎるのではないか」「子どもが成長して自分のために父親が職を失ったと知ればショックを受ける」など、解雇の取り消しを求める意見だったという。

 同社の懲戒処分は、〈1〉解雇〈2〉職級降下〈3〉停職〈4〉減給〈5〉けん責――の5段階。どんな行為がどの処分にあたるか明確な基準はなく、寝坊で運行が遅れたら減給やけん責など、その都度、判断しているという。最近では伊勢崎線竹ノ塚駅近くの4人死傷踏切事故で起訴された踏切保安係や、車止めを越えて民家の敷地に突っ込んだ回送列車の運転士が懲戒解雇された。
(読売新聞) - 11月11日8時56分更新



何で抗議の電話が来るのか理解できんです。何のために「一般人が運転室に入っちゃいけない」決まりがあるかって、危ないからでしょう。
乗客何百人の命を預かって運転してるのに、部屋に入ってきた子どもに気を取られて万が一のことがあったらどうするんだ?って話で。
今回は事故にはならなかったから抗議の電話があったんだろうけど、もし事故になってて自分や自分の家族が被害にあっていたとしても、「運転手の子どもが成長してショックを~」なんて言うんでしょうか?あたしゃそんな寛大な人間にはなれません。
[PR]

by otokogi-dialy | 2005-11-11 18:51 | Diary