3/13 ドゥドゥンパ☆

周知の通り、自分には、ドゥドゥンパ☆という親友がいます。今日は、彼について。
そもそもの出会いは、大学一年の4月、吹奏楽部の部室にて。お互い、部の見学に来ていたところで初めて会いました。
その時、同じ学科でクラスも一緒であることが判明し、ガイダンスなどを一緒にまわって仲良くなりました。それ以降、大学でのほとんどの時間を一緒に過ごしています。
なんせ、時間割が全部一緒ですからw。専攻も一緒で、取得予定の免許も一緒。
さらには、卒論の指導教員まで一緒で、小学校の教員を目指しているのも一緒。で、よく似ていると言われるのですが、iPod無印のバッグはお揃いだし、今年の手帳は表紙違いのお揃いだし、こないだの合宿では、二人ともガムをボトルで持ってきてました(笑)。さすがに同じガムではなかったけどね。さらに、ハブラシが一緒でした。しかもちょうど青と緑で色違い。これはもう、笑うしかないくらい面白い一致でした。
ちなみに、いつの親は今の家を建てるときにドゥドゥンパ☆が今住んでいる所の近くにしようかどうか迷ったらしく、もしかしたら小学校からの付き合いになっていたかもしれません(笑)。

そんなドゥドゥンパ☆の影響で、自分はずいぶん教採に向けての勉強をするようになったと思います。彼が居なければ、「やべえ、自分も勉強しなきゃ!」と焦ることもなく、この時期になってもグダグダしていただろう光景が目に見えます(笑)。
そんなこんなで、友達って自分の人生を左右するくらいの要因を秘めた、大切な存在なんだなと改めて感じてしまった今日この頃でした。
[PR]

by otokogi-dialy | 2005-03-13 18:26 | Diary